オートローンで連帯保証人が必要な時とは

在籍確認なしでお金を借りれるキャッシングサービスまとめってサイトを眺めていてオートローンを組む時って担保とかいるのかな?とふと疑問に思ったので色々と知らべてみました。オートローンを組む際は、買った車そのものが担保となるので、保証人を要求されることは基本的にありません。しかし、場合によっては連帯保証人を求められることもあります。例えば、「未成年者」「勤続年数が1年に満たない」「パートやアルバイトなどの非正社員」「収入が不安定」「借入額が多い」「他にもローンを組んでいる(住宅ローンを除く)」などの場合です。ただし、非正社員でも、安定した収入があるなら保証人が要らないこともあります。とはいえ、やはり正社員よりは厳しくなります。また、正社員でも、キャッシングを利用していたりすると、借入額などを調べられます。では、保証人を求められた場合にどうしたらよいかということですが、オートローンの連帯保証人には、誰でもなれます。もちろん、安定した収入がなかったり、債務整理の履歴がある人などは却下されます。その辺は、本人の審査と同じです。たいていは、親兄弟などの身内がなりますが、上司など職場の人間でもOKになることもあります。そして、オートローンの連帯保証人には、本人の支払いが遅れた時に、代わりに支払う義務があります。本人と同じ責任を負うからです。支払いが遅れた時になって、保証人を辞めたいと言いだす人も少なくありませんが、それは認められません。ただし、車を処分できる状況であれば、それを売って得られた代金を返済に充当することもできます。そうすることで、少しでも残金を減らすことができます。

個人事業主でも利用できるオートローン

オートローンとは、自動車本体やカー用品、教習所や車検の費用などの自動車に関連した目的で使用するための商品であり、銀行や信用金庫などの多数の金融機関が提供しています。商品ごとに内容は非常に多様で、学生や主婦、個人事業主でも利用可能なオートローンも少なくはありません。オートローンは、他の金融商品と基本的には同様で、融資を受けた金額に利息を加算して返済するという内容です。このために、この基本的なルールを守れるだけの返済能力を有していることが利用するための条件となります。これを調査するために、多数の金融機関が加盟している信用情報機関への照会が行われます。信用情報機関には、これまでの返済履歴や借入残高が記録されています。個人事業主の場合に特に重要となるのが、任意整理や自己破産などの債務整理を行ったことが記録されていないということです。これらが記録されている状態のことはブラックリストに登録されていると表現されており、新規借入を行うだけの信用がないと認識されます。また、他社借入残高が少ないということも審査に通過するための重要な要素です。借入残高が多いということは、既に返済している金額も多いということであり、経済的な余裕が足りない状態と認識されます。個人事業主がオートローンの審査に通過するためには、収入よりもこれらの信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーが重要であり、事故情報が記録されていないことと他社借入残高が少ないことが求められます。

オートローンを借り換えすることについて

自動車を購入する際にはオートローンを利用するケースが多いですが、利用者の中には結構損をしている場合もあります。自動車の購入時にローン商品もじっくりと比較検討して選ぶことが出来れば良いのですが、ディーラーに薦められたままのローン商品を契約してしまうケースが多々あります。ディーラーが薦めて来たローン商品が他社と比較しても、金利面などが有利でしたら良いのですが、そう言ったケースは少ないです。最近ではネット専業銀行などで低金利で融資してもらえるケースがありますので、一度オートローンの見直しを行うことをお薦めします。オートローンの見直しを行って金利負担などが大き過ぎるなと思った場合は、借り換えを検討することも必要です。現在契約中のローンの金利よりも低い金利で借り換えを行えば、その金利差の分だけ負担を抑えることが出来ます。ローンを選ぶ場合には金利以外にも注意する点があります。金利体系が変動金利か固定金利かと言うことも総支払額には重要に関係してきます。変動金利と固定金利のどちらが良いかと言うことは一概には言えませんが、ローンの完済までの期間が比較的短ければ金利が低く設定されている変動金利を選択する方が良いです。変動金利は金利が上昇するリスクがありますが、期間が短ければ大幅に金利が上昇するリスクが少ないからです。また借り換えに伴って保証料や各種手数料が必要かどうかも確認しておくことが重要です。このように目に付きやすい金利だけに囚われずに、様々な点を比較検討してローン商品を選ぶことが大切です。

オートローンに保証人は必要なのか

自動車を購入する場合、支払い方法は大きく分けて一括で支払う方法、そしてオートローンを組んで無理のない範囲で支払っていく方法があります。自動車は安いものでも100万円以上するなど、高額な買い物ということもあり、一括で支払うことは難しく、分割払いを望む人も少なくありません。分割で購入することができれば、利息は必要なものの、一括で支払うことが難しいグレードの車もより無理なく購入できるようになります。オートローンを組む場合は保証人が必要になるのかも知っておきたいですが、まずローンを組む際には購入する自動車が担保になりますので、通常は保証人なしでローンを組めるようになっています。とはいえ、ときにはオートローンを組む際には他の人に保証人になってもらわなくてはいけない場合もあります。まず、ローンの利用者が未成年の場合、勤続年数が1年未満の場合などは返済能力がないと判断されることがあります。この他ではローンの返済額が年収の30パーセントを超える場合、オートローンのほかに年収の30パーセント以上の高額な借入がある場合もあげられます。この場合は住宅ローンは含まれません。このほかにも収入が不安定な場合も支払い能力に不安あると判断されることがあります。成人の方で安定した収入があること、勤続年数が3年以上である、高額な借入がない場合などは返済能力に問題がないと判断され、無保証でローンが組めることが多くなっています。

中古車でも使えるオートローンとは

オートローンは自動車を購入するためのローン商品のことで主に銀行が提供しているものです。オートローンのメリットは、目的型ローンであるため、金利が低く設定されているということで、銀行が提供しているものでは4%前後のものが中心になります。オートローンは新車だけでなく中古車や自動二輪のほかカー用品、修理、車検といったものの資金融資にも使うことができるメリットがあります。ただし、オートローンは金利が低いものの融資の審査が掛かりますし、何度か往復しなければならないのがデメリットといえます。特に審査では、借り入れる金額が大きければ大きいほど相応の信用力が必要になってきます。このさいに審査で判断されるのは本人の返済能力であるため、新車や中古車といった用途の違いで区別されることはありません。また融資を受けるためには購入する相手からの見積書を用意してもらう必要があります。なおオートローンでも銀行ではなく販売店が扱っているものもあります。こちらの場合には販売店が信販会社の仲介を受けて代金の分割払いという性質のためショッピングローンの一種になります。ショッピングローンは、新車から中古車まで幅広く利用されており、銀行の融資に比べて審査がゆるやかで手続きが簡単というメリットがあります。ただし、金利が大きい傾向にあり通常は8%前後しますし、場合によっては10%を超えるケースもあります。このため長期間の返済をする場合にはそれだけ余分に金利を支払うことになります。

債務整理後に、オートローンは組めるか

債務整理を行うと、まずブラックリストに載ります。そうなると、銀行などの金融機関から借り入れをするのが困難になります。もちろん、オートローンも同様です。完済したとしても、記録自体は5年ほど残されますが、銀行でオートローンを組む場合、収入などの他に過去の状況も調べられるからです。とはいえ、返せる見込みがあると判断されれば、50万円くらいまでならローンを組めることもあります。また、消費者金融の場合は審査が緩めなので、その時点で問題がなければ借りられる可能性は銀行よりも高いですが、再び債務整理をする状況に陥ることだけは避けましょう。そして、記録は5年ほど残ると述べましたが、抹消されるのは7~10年とされています。実際に、7年経ってから、カードを作れるようになったというケースもあります。ただし、債務整理を行った金融機関では半永久的に残されるので、そこでオートローンを組むのはまず不可能です。ですから、「他の会社である」「信用情報機関の種別が違う」「7年以上経っている」という条件を満たしたうえでなら、借りられる可能性はあります。しかし、「どうしても車が要るが、上記の条件を満たせない」という場合もあるでしょう。そのような場合は、身内に名義を借りるという方法があります。もちろん、名義を借りる相手の信用情報がしっかりしていなければなりませんし、返済するのはあくまでも自分だということも忘れてはいけませんが、有効な方法といえます。

オートローンの名義変更をするには

オートローンといってもいくつかの種類があり、銀行から融資を受ける場合には、その名義は購入者のものとなりますが、信販会社を通じて購入した場合には名義は信販会社になるケースがあります。この場合のオートローンでは支払いが完了するまでは信販会社に所有権があるため、自由に売却したり譲渡するといったことがやや面倒になります。オートローンの途中で売却する場合には、ローンの残金をすべて支払った上で名義変更を行う必要があります。また返済する人を変えるといった場合には信販会社によって対応が異なりますが、審査を行った上で対応する場合もありますし、新たなローンを組んだ上で、残金をすべて支払うといった方法になります。継続して支払う場合には金利が引き継がれるケースもありますが、新たなローンを組む場合には、金利が上がる場合があります。一方でオートローンの返済が完了すれば名義変更を行う必要があります。これらの手続きは購入者が行う必要がありますが、多くは返済完了後の次回の車検で名義変更が行われることになります。なお、自身で行う場合には陸運局に申請する必要がありますが、このさいには譲渡証明書や委任状、印鑑証明が必要になります。ローンの支払いが完了すれば依頼すればすぐに送ってくれますが、支払いが完了していない場合にはこれらを得ることができず変更することができません。ただし、事故などで車に乗れない状態になった場合には名義をそのままに自動車税を回避するための方法が用意されています。

オートローンを嘘の年収で申込みしたらどうなるか

新車を購入するにあたり全額現金で用意することが出来ない場合は、オートローンを組んで購入する方法がありますが、申込書には年収を記載する必要があり、借り入れ可能な金額は年収によっても変わって来ます。一般的には多いほど借り入れ可能な金額も多くなりますので、自分が希望する金額を全額借り入れ出来ないケースも出て来ます。そういった場合にオートローンを申し込む時に実際よりも多い嘘の金額を記入して、出来るだけ多くの金額を借り入れしようと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、申込書に嘘の金額を記入した場合、源泉徴収票などの添付書類によってばれてしまいます。また、何らかの理由で審査に通ってしまった場合でも、後からばれてしまった場合はローンの取り消しや残高の一括返済などのペナルティが発生するケースが多いので、オートローンを申し込む際には源泉徴収票どおりの正しい金額を記載するのが一番と言えます。もし、自分の年収では借り入れ出来ない金額の車が欲しい場合の対策方法として、身内などにお金を借りて頭金を作るといった方法があります。また、車のグレードを多少下げたり、オプション品を減らしてみる、新車だけでなく新古車や中古車も視野に入れてみるといった工夫をすることで購入価格を下げることが可能です。また、オートローンは借り入れする金融機関によって審査基準が異なるため、1ヶ所だけでなくより多くの金融機関のオートローンの借り入れ限度額について確認してみるのがおすすめです。