アーカイブ | 10月 2015

オートローンで連帯保証人が必要な時とは

在籍確認なしでお金を借りれるキャッシングサービスまとめってサイトを眺めていてオートローンを組む時って担保とかいるのかな?とふと疑問に思ったので色々と知らべてみました。オートローンを組む際は、買った車そのものが担保となるので、保証人を要求されることは基本的にありません。しかし、場合によっては連帯保証人を求められることもあります。例えば、「未成年者」「勤続年数が1年に満たない」「パートやアルバイトなどの非正社員」「収入が不安定」「借入額が多い」「他にもローンを組んでいる(住宅ローンを除く)」などの場合です。ただし、非正社員でも、安定した収入があるなら保証人が要らないこともあります。とはいえ、やはり正社員よりは厳しくなります。また、正社員でも、キャッシングを利用していたりすると、借入額などを調べられます。では、保証人を求められた場合にどうしたらよいかということですが、オートローンの連帯保証人には、誰でもなれます。もちろん、安定した収入がなかったり、債務整理の履歴がある人などは却下されます。その辺は、本人の審査と同じです。たいていは、親兄弟などの身内がなりますが、上司など職場の人間でもOKになることもあります。そして、オートローンの連帯保証人には、本人の支払いが遅れた時に、代わりに支払う義務があります。本人と同じ責任を負うからです。支払いが遅れた時になって、保証人を辞めたいと言いだす人も少なくありませんが、それは認められません。ただし、車を処分できる状況であれば、それを売って得られた代金を返済に充当することもできます。そうすることで、少しでも残金を減らすことができます。

個人事業主でも利用できるオートローン

オートローンとは、自動車本体やカー用品、教習所や車検の費用などの自動車に関連した目的で使用するための商品であり、銀行や信用金庫などの多数の金融機関が提供しています。商品ごとに内容は非常に多様で、学生や主婦、個人事業主でも利用可能なオートローンも少なくはありません。オートローンは、他の金融商品と基本的には同様で、融資を受けた金額に利息を加算して返済するという内容です。このために、この基本的なルールを守れるだけの返済能力を有していることが利用するための条件となります。これを調査するために、多数の金融機関が加盟している信用情報機関への照会が行われます。信用情報機関には、これまでの返済履歴や借入残高が記録されています。個人事業主の場合に特に重要となるのが、任意整理や自己破産などの債務整理を行ったことが記録されていないということです。これらが記録されている状態のことはブラックリストに登録されていると表現されており、新規借入を行うだけの信用がないと認識されます。また、他社借入残高が少ないということも審査に通過するための重要な要素です。借入残高が多いということは、既に返済している金額も多いということであり、経済的な余裕が足りない状態と認識されます。個人事業主がオートローンの審査に通過するためには、収入よりもこれらの信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーが重要であり、事故情報が記録されていないことと他社借入残高が少ないことが求められます。