中古車でも使えるオートローンとは

オートローンは自動車を購入するためのローン商品のことで主に銀行が提供しているものです。オートローンのメリットは、目的型ローンであるため、金利が低く設定されているということで、銀行が提供しているものでは4%前後のものが中心になります。オートローンは新車だけでなく中古車や自動二輪のほかカー用品、修理、車検といったものの資金融資にも使うことができるメリットがあります。ただし、オートローンは金利が低いものの融資の審査が掛かりますし、何度か往復しなければならないのがデメリットといえます。特に審査では、借り入れる金額が大きければ大きいほど相応の信用力が必要になってきます。このさいに審査で判断されるのは本人の返済能力であるため、新車や中古車といった用途の違いで区別されることはありません。また融資を受けるためには購入する相手からの見積書を用意してもらう必要があります。なおオートローンでも銀行ではなく販売店が扱っているものもあります。こちらの場合には販売店が信販会社の仲介を受けて代金の分割払いという性質のためショッピングローンの一種になります。ショッピングローンは、新車から中古車まで幅広く利用されており、銀行の融資に比べて審査がゆるやかで手続きが簡単というメリットがあります。ただし、金利が大きい傾向にあり通常は8%前後しますし、場合によっては10%を超えるケースもあります。このため長期間の返済をする場合にはそれだけ余分に金利を支払うことになります。